伊豆ご法難

 今日はお逮夜で高祖ご修行を奉修させていただきました。併せて伊豆のご法難会。
 日蓮聖人の四ケ度の大難の一つ。伊豆伊東のご流罪の日でありました。
 こうした節目に信心を改めていく事が大事になります。
 ご修行後、先日の葬儀の際に帷子を購入した業者さんが、お参りに来てくださいまして、代表の方とお話をさせていただきました。
 コロナ禍以降、家族単位の法要に切り替わりつつある中、様々な仏具を開発され、その説明を聞いて、教務も変わらなければいけないと感じました。
 古き良き時代には、残念ながら帰る事は出来ません。前進しながら、考えて、失敗して、改良するしかないですね。


この記事へのコメント