苦難

 閉鎖中の本堂は寂しいものであります。
 門は閉まっていますが、お参詣される方もおられます。
 声を掛けますと、現在、飲食店を営んでおられる方で、今回の件で、お店を休んでいる状態。このままでは大変な事になるという事で、居ても立ってもいられず、御祈願に来られました。
 いつもですと、お助行にという事になるのですが、お寺で一緒に御祈願という事にさせていただきました。
 苦しい状況が広がっている事を実感します。
 今は、とにかく終息を祈って御祈願しかないと思っております。

 こんな苦しい状況でもマスクを提供して下さったり、御有志いただいたり、ご信者さんの温かなお気持ちに感謝御礼でございます。
 ご信者さんのおかげという当たり前の事さえ忘れてしまっていた自分自身を猛省する毎日です。

この記事へのコメント